心不全 胸水貯留 原因

心不全でなぜ肺に水が溜まるの?原因は?

心不全と聞くと「心臓が動かなくなくなってしまったの?」と思いがちですね。
しかし、心臓が停まってしまう心停止という意味ではなく、心不全の不全というのはその状態や活動状況が不十分であることをさします。

 

心臓は全身に血液を送るためのポンプの役割をして休むことなく動いてくれています。

スポンサーリンク

しかし、そのポンプの働きの動きが鈍くなったりしてくると先程の活動状況が不十分といった状態になります。
心臓の働きが不十分な結果、起きた身体の状態を心不全というのですね。

 

そして実際に、心不全とは病名ではなく、心臓の状態を表す症候名になります。

 

心不全にも、心臓の働きが急に悪くなった急性心不全や徐々に働きが悪くなってくる慢性心不全、心臓の働きののうち、どの部分の働きがどの程度低下しているのかなどを見ていくと心不全の種類や程度はいろいろあるんですね。

 

心不全の症状の中の一つに肺に水が溜まることがあります。
肺に水が溜まることを胸水貯留ともいいますが、そもそも心臓が悪いのになぜ心臓ではなく肺に水が溜まるのでしょう?
心不全により肺に水が溜まる原因についてみていきましょう。

スポンサーリンク

左心不全の場合、心臓の左側の部分の働きが悪くなることで、全身に血液を送り出す能力が低下します。
そうすると、次第に心臓の左側(左心室、左心房)に血液が溜まってうっ血を起こします。
さらに左心房といって肺から新鮮な血液が送られてくるところもうっ血することで肺のほうにまで血液がうっ血してしまいます。
これを肺うっ血といいます。
肺うっ血が引き起こされると毛細血管の血管内圧も上昇し、血管から血液成分がにじみ出て肺胞内から胸膜腔にかけて水が溜まります。
右心不全の場合、全身を流れてきた血液が心臓の右側の部分に戻ってきた時に、右側の心臓の動きが悪い為、静脈系がうっ血します。
そのため、全身に浮腫が生じて肝腫大に腹水貯留がみられ、胸にも水がたまります。

 

このように心不全の左側に起こる左心不全と右側に起こる右心不全が原因によって肺に水が溜まってしまうことがあるのです。

スポンサーリンク