卵巣に水が溜まる 病気 原因 症状

卵巣に水がたまる病気って何?原因や症状は?

婦人科検診は子宮がんや乳がんなどの女性のがん検査を含む検診です。
やっぱりがんにはなりたくないのはみんな一緒ですが、症状があらわれないと病院には行きませんし、検診を受診することでがんを早期に見つけることが大事になります。

スポンサーリンク

ただ、何もないことを祈りながら受診した検診で、「あなたの卵巣に水がたまってます」と言われたらかなり衝撃ですよね。
「えっ?

 

何?

 

卵巣に水がたまっているって何か悪いの?」
とかなり心配してしまうかもしれません。
そこで、卵巣に水がたまる病気の原因と症状などについてみていきましょう。
卵巣に水がたまっていると診断された場合の病気は「卵巣嚢腫」と呼ばれる病名が考えられます。
通常であれば卵巣内に水がたまることはないのですが、この卵巣嚢腫の場合、卵巣内に液体が溜まって嚢腫と呼ばれる袋ができてしまい、卵巣が腫れてしまう病気です。

 

心配な方は卵巣に腫瘍が出来ているのではないかといわれることがありますが、卵巣嚢腫は良性に分類される腫瘍です。
腫瘍には良性と悪性があり、がんといわれる腫瘍は悪性腫瘍になります。

 

卵巣にできる悪性腫瘍は卵巣がんのことをいいます。
そして実際に卵巣にできる腫瘍の90%以上が良性の腫瘍になり、一番多いのが卵巣嚢腫です。この卵巣嚢腫の発症する年齢は、比較的若い人にも多く発症し、10代〜年配者まで幅広い女性が注意しなければならない腫瘍の一つになります。

スポンサーリンク

そこで、卵巣嚢腫はなぜ発症してしまうのかについてみていきましょう。
卵巣にできる腫瘍には、

  • 卵巣の表面を覆う上皮の部分に発生してその中はサラサラした液体がたまる漿液嚢腫
  • 同じ卵巣の表面を覆う上皮の部分に発生しゼラチンのようにドロドロした液体がたまる粘液性嚢腫
  • 子宮内膜症が原因となって起こるチョコレート嚢腫
  • 髪の毛や歯、骨や皮膚が含まれたりする類皮嚢腫(奇形腫)

などがあります。

 

この中で原因がわかっている卵巣にできる腫瘍はチョコレート嚢腫だけです。
チョコレート嚢腫は、子宮内膜症が原因とされています。

 

子宮内膜症とは、子宮の内側を覆っている内膜や組織が、子宮以外の場所に出来てしまう病気です。
そして子宮以外にできてしまった場所で月経と同じく内膜のはく離が起こり出血します。
しかし、その内膜組織であったり血液が体外に出ていくことが出来ず体内にたまってしまいます。
これが卵巣にたまった場合がチョコレート嚢腫になります。

 

チョコレート嚢腫以外の卵巣にできる腫瘍の原因は現在のところまだ分かってはいません。

 

卵巣嚢腫の症状についてですが、卵巣は腫れたり水がたまったりしても、ほとんど自覚症状がありません。
ですから「沈黙の臓器」とも呼ばれたりもします。
たいていの場合、自覚症状もないので、検診などを受けて発見されたり、別の病気で検査を受けた時に、たまたま発見されたりすることが多いです。

 

特に若い人だと下腹部が膨らんできたりすると妊娠を疑ったりして婦人科を受診した時にわかることがあります。
しかし、いくら自覚症状がないといっても卵巣が腫れたり水がたまったりして握りこぶし大の大きさにもなれば、下腹部が膨らん出来たり、うつ伏せになったりした時などに違和感を覚えたりすることもあります。
また、その様な状態のときには腰痛も出てくることもあります。

 

さらに卵巣が大きくなってしまった場合、卵巣が何かの拍子にねじれてしまい茎捻転を起こしてしまうことがあります。
その時はとても激痛で、突如下腹部に激痛が起こります。
場合によっては嘔吐などの症状や、ショック状態に陥り気を失ったりすることがあります。

 

この場合、卵巣の根元がねじれてしまっているため、卵巣に血液がいかなくなっている状態になっているため、卵巣が壊死を起こすことがあり、緊急手術をする必要があります。
卵巣嚢腫は大きくなると子供の頭ぐらいの大きさになることもあります。

 

その場合、栄養が卵巣嚢腫に摂られてしまい、ちゃんと食事をしているにもかかわらず体重がどんどん痩せていくこともあります。
一見、いくら食べても体重が増えないどころか痩せていくのでよさそうな感じを抱く人もいるかもしれませんが、これは危険な状態です。

 

卵巣嚢腫でも、ある程度大きくなると破裂してし舞うこともあり、腹膜炎を起こしたりショックを起こすこともあり命を危険にさらすことがあります。
婦人科の先生とよく相談し、今後の計画について話し合っていきましょう。

スポンサーリンク