膝に水が溜まる 冷やす 温める

膝に水がたまった場合は冷やすor 温める?どちらがいいの?

膝に痛みが出てくると、膝関節の周辺が腫れてきたり、熱感が出てきたりします。
このような症状がでているときは膝に炎症が起こっています。

 

症状が初期であったり症状が軽度の場合であれば、膝に水がたまることも少ないのですが、きちんと処置を行わなかったり、その症状を「このぐらいならほっとけばなおるかな?」と軽視してかばって動いているとかえって症状tが悪化して膝に水がたまり炎症がひどくなったりします。

スポンサーリンク

ではどのような処置を行うのがいいのでしょう?
いろいろと周囲の人に聞いてみたり、ネットなどを使って調べてみると、膝の水がたまるのは注射で水を抜けばいいとか悪いとか、膝を温めた方が良いとか冷やした方がいいとか様々な意見があります。

 

かえって調べすぎてどうしたらいいのか半信半疑になりわからないといった状態になってしまう人がいるようです。
医療現場の中では、ケガをした場合、RICEの法則といって身体に傷害を負った場合に早急に行うべき応急処置における法則があります。

 

  • R・・・「Rest」安静
  •  

  • I・・・「Icing」冷却
  •  

  • C・・・「Compression」圧迫
  •  

  • E・・・「Elevation」挙上

の頭文字をとった処置の方法です。

スポンサーリンク

この法則は、医学的な根拠の上で怪我をした場合などできる限り炎症や出血を抑えていく基本的な処置法になります。
つまり、この法則をきちんと行えば炎症が抑えることが出来るというわけです。

 

ですから、膝に痛みや熱感があり、膝に水がたまった時の処置としては、まずは無理に動いたりせず安静にしましょう。
そして氷嚢や冷たいタオルなどで痛めている膝を10〜15分程度冷やしていきましょう。
コールドスプレーや氷で冷やしすぎることがあるので注意しましょう。

 

膝を冷やし終えたら、さらしや包帯などで膝関節を巻いて圧迫固定しましょう。

 

包帯やさらしを巻く場合、膝が腫れているのと出血をしているわけではないということをふまえ、軽く巻いていきます。
張れている場合、あまり強く巻きすぎてしまうとかえって疼いたり、締め付けによって痛みが増すこともあります。
包帯やさらしを巻いて痛みや締め付け感が強く感じたら一度外して、軽く巻きなおしましょう。

 

包帯やさらしを膝関節に巻き終わったら、膝の下に枕やクッションをあてて出来るだけ上にあげて安静にしておきましょう。

 

これを2〜3日続けていくと急性期の場合、腫れや熱感が少しずつ減ってきていると思います。

 

この間は、あまり動き回ったり、立ったり座ったりの繰り返しの動作やお風呂に入ったりすることは極力控えましょう。
炎症が引いてきて、膝を触っても熱感があまり感じないようになったら蒸しタオルなどで膝だけを温めていきましょう。

 

仮に炎症が引いていない、腫れや熱感が治まらない場合であれば変形性膝関節症や感染症など他の病気の可能性も考えられるため病院で診察を受けることが必要ですね。

スポンサーリンク