膝に水が溜まる 病気 原因 症状 対処法

膝に水がたまる病気って何?原因や症状と対処法について

膝に水がたまるって症状は膝が痛い人にとって気になることですよね?
膝に水がたまってしまうと膝の周りがパンパンに腫れて痛くて曲げようとしてもめげる動作も大変!
このまま膝が曲げられなくなってしまったら怖いな。
どうしたらいいんだろうととても不安になります。

スポンサーリンク

病院に行って診察を受けると張れている場合、「膝に水がたまっていますね」と医師から言われ、「水を抜きますね」と処置をされます。
でも本当に水を抜く方がいいのでしょうか?

 

そもそも水がたまるという症状はなぜたまるのかということを知っていますか?
膝の関節には太ももにある骨「大腿骨」、そしてスネにある「脛骨」これらが接合している部分が膝関節になります。

 

そしてこの接合部には骨と骨がぶつからないように半月板というクッションの役目をする組織があります。
また、接合部には関節包といって関節部分を袋のようなもので覆う組織があり、その関節包の中には関節の動きをスムーズにするために滑液と呼ばれるオイルの役目をする液体が入っています。

 

膝関節に水がたまるというのは、この滑液が大量に溜まった状態のことをさします。
滑液が大量に出る原因としては、関節の動きが悪くなることで炎症が起こっていることが原因です。

 

例えば運動などをしていて捻ってしまったり、足首の捻挫のように膝を挫いたりすることで膝を痛めてしまい、炎症があり動きが悪くなることで滑液が出ます。

スポンサーリンク

ただ、滑液が大量に出ることで関節包が風船のように膨れるため、痛みが出ます。
病院で膝に水がたまった場合、水を抜くと風船がしぼむのと同じで関節包がしぼむため、痛みが治まります。
しかし、炎症が治まっていない状態で水を抜くわけですから、身体はまた水を出そうとして膝にまた水がたまってしまいます。
膝の炎症が引けば水は次第と身体に吸収されて元の状態まで戻るわけですから、無理に膝にたまった水を抜く必要はありません。

 

もちろん膝に水がたまるのは捻挫などのケガ以外にも関節リウマチや細菌感染、変形性関節炎などといった病気もあるわけですから全部が全部、膝の水を抜かない方がいいというわけでもないんですね。
自己判断に悩む場合は、まず病院で診察してもらい、何が原因なのかを調べてもらいましょう。

 

ここで膝に水がたまっている人がしてほしいセルフケアがあります。

1つ目は安静

膝に痛みがあり、水がたまっている場合はどうしても足を引きずって、もしくは足をかばって歩くことになります。
無理をして歩いていると、痛みで筋肉が緊張してしまい、全く膝が曲がらない状態になってしまい炎症がひどくなりさらに水が出てしまいます。
出来るだけ安静を心がけましょう。

 

2つ目はアイシング

アイシングといっても冷やしすぎてもいけませんから、大体の目安は10〜15分程度冷やしましょう。
氷嚢などで氷水を入れて冷やしましょう。

 

なければ冷たい水にタオルを付け絞ってから患部に当てましょう。
1日3〜5回するとよいですね。

 

3つめは鍼灸院や整骨院といった施術院で治療を受ける

 

病院とは違い、湿布だけの治療ではなく、テーピングやマッサージ、鍼やお灸といったことで膝にアプローチをすることで、膝の炎症を抑え膝にたまった水を身体に吸収させて腫れをひかすことが出来るでしょう。
院によっても良し悪しがあるので、しっかりリサーチして選んでくださいね。

 

セルフケアで症状が変わらない場合は一度病院で検査をされることをおススメします。

スポンサーリンク