膝に水が溜まる 自然 治癒

膝に水がたまる症状は自然に治るの?

歩くときになんか急に膝に違和感を感じたり、立ったり座ったりするときに膝がおかしい!?っておもったことはありませんか?
よくよく足をみてみると、膝がパーンと張っていたり腫れていて熱感があったりすることがあります。
こんな時、膝に水がたまっている可能性があるかもしれません。

スポンサーリンク

膝に水がたまるって症状って何?って思われる方もいるかもしれません。
膝に水がたまるという症状は、膝関節の周囲には関節包と呼ばれる袋があります。

 

その関節包の中に滑液と呼ばれる液体があり、関節の動きを良くしたり、関節に炎症が出てきた場合、炎症を引かせるために多く分泌されることもあります。
ただ、炎症がきつい場合、かなり滑液が分泌されることがあり、場合よってはかなり膝が腫れているような感じにもなります。

 

このような症状が膝に水がたまるという状態ですね。
膝に水がたまった場合、痛みが強く歩くのもたまらないんだけど...って辛い症状で悩まれているかもしれません。

 

膝に水がたまる状態になってしまったけど、周りの人たちから「膝に水が溜まった場合、水を抜くのは癖になるからやめた方がいいよ。」と言われたりします。

 

しかし、周りからいわれたとはいえ、しばらく様子を見ようと膝に水がたまっている状態を放置してしまうと、痛みが続いたり、かえって膝をかばって変な歩き方をしてしまうため、関節の中の靭帯や半月板といった軟部組織にも悪影響を及ぼします。

 

出来るだけ病院で医師に診察してもらいましょう。
膝に水がたまった状態でも軽度であれば抜く必要がない場合もあります。

スポンサーリンク

下手に自分で判断するよりも、医師の指示に従うことが賢明です。
また、どうしても病院に行くことが仕事などの都合で難しい場合、 まず自分でできるセルフケアとしてはアイシングですね。

 

膝を触って熱感があれば炎症があると考えられますので、冷やしてあげることで痛みが緩和されます。
また、膝に水がたまっている場合、関節自体の動きが悪いため、滑液が出てきていると考えられますので、出来るだけ動かず安静に保つことを心がけてください。

 

数日、アイシングを続けていくと膝の熱感が治まってきます。
治まってきたら関節を蒸しタオルなどで温めていきましょう。

 

その後、太ももの前側を優しくマッサージをしましょう。
特に強くマッサージをする必要はありません。

 

また、太ももの筋肉を鍛えていくことも重要になります。
椅子に座った状態で軽く膝を上に上げて足を伸ばしていきましょう。
膝を降ろさず上げたままで足を曲げます。

 

これを10回朝晩に行います。
膝に水がたまっている状態が軽度であれば、これらのことで症状が改善します。

 

しかし、膝にかなりの水がたまっている場合や変形性膝関節症のように膝関節自体が変形を起こして炎症がある場合や関節リウマチ、化膿性関節症などといった場合では病院での診察をお勧めします。

 

膝に水がたまる症状は膝に異常があるため身体が出しているサインです。
自然に治るということはなかなか難しいことだと思います。
今後のことを考えて早い段階でしっかり治すことをおススメします。

スポンサーリンク