耳に水が溜まる 病気 原因 治療

耳に水がたまる病気って何?原因や治療は?

耳の奥には鼓膜があり、その奥の部分を中耳といいます。
耳に水がたまる病気として滲出性中耳炎がありますが、この中耳の部分に水がたまります。

 

水といってもお風呂場やプールの水が耳に入って溜まっているわけではありません。

スポンサーリンク

正しくは滲出液とよばれ、細胞や血管から滲出してきたサラサラした液体だったり化膿してしまって膿のようなものだったりします。

 

特にこの滲出性中耳炎は3歳ぐらいから始まり、小学1年生ぐらいの年代の子に多く発症します。

 

なかには子供の1歳半検診の時に耳などを調べた時に発覚することもあり、早いと1歳半ぐらいの子供にも起きていることがあります。

 

特に耳の聞こえがわるかったりすると子供のしゃべりについても遅れがみられることがあり、早く気づいてあげることが大事になってきます。

 

なかなか小さい子供の場合、言葉もままならない時には自分で訴えることも出来ず、親が気付かなければ発見が遅れます。

 

また、低年齢では治療を行うのが大変で厄介な疾患の一つになります。

 

滲出性中耳炎の原因についてですが、急性中耳炎の治療がしっかりとできていなかったり、きちんと治していなかった場合から引き起こすことが多いようで、これ以外では風邪が原因でなってしまうこともあります。

 

小さい子の場合、急性中耳炎になりやすく、繰り返しなってしまう場合もあります。

 

そして繰り返し急性中耳炎になってしまうことで、中耳の中での炎症から組織液の過剰分泌が起こってしまい、滲出性中耳炎に移行してしまうことがあります。

 

また、風邪を引いた場合も鼻水が出て副鼻腔炎を引き起こし、耳管が通らなくなることで中耳に水がたまってしまいます。

 

これには小児の身体がまだ成長段階で、中耳や耳管、鼻などの解剖的理由から中耳にたまった浸出液を耳管を通して鼻へ出していくということが出来ないということが原因になります。

 

症状については急性中耳炎のように痛みが強く出たり、発熱することはあまりありません。

 

成人の場合であれば滲出性中耳炎になったら頭を動かしたり振ったりすると痛みが出たり、登山などをしたりすると痛みを感じたりすることがあります。
しかし、子供の場合、このような症状があったとしても自分でこんな状態があったよと訴えることがなかなかできません。
よほど注意して観察をしておかないとなかなか気付きにくく見逃してしまいます。

スポンサーリンク

子どもに声を「○○ちゃーん」と呼びかけても気付かなかったり、何度も聞き返してきたりとちょっとした動作をよく見ておく必要があります。

 

例えばその子供の後ろから右耳、左耳どちらからでもいいのですが、指をこすってその音が聞こえるのか聞こえないのかを見る検査などをしてみるのもいいですね。

 

もしも反応が鈍かったりおかしいなと思われるようであれば、耳鼻科で診てもらいましょう。

 

滲出性中耳炎は小学校高学年までに良くなることが多いのですが、中途半端に治療を終えてしまったり、きちんと治しておかないと難聴が全く治らなくなったり、さらに悪化すると真珠腫性中耳炎にもなりかねないので大変です。

 

治療についてはまず急性中耳炎にかかったら、しっかり治すことが大事ですね。
滲出性中耳炎になってしまった場合は中耳炎を治して行きながら、鼻に異常がないか調べてもらいましょう。

 

滲出性中耳炎の場合、副鼻腔炎を併発している事が多いため、こちらもしっかりと治していきましょう。
なかなか症状が改善しない場合には鼓膜を切って中耳にたまった膿を吸い出してもらうといいですね。

 

鼓膜を切開しても膿が何度も溜まってしまう難治性の場合、チュービングといって鼓膜の部分にチューブを残して中耳の状態を正常化させやすくする方法があります。

 

滲出性中耳炎は気が付きにくい病気で治していくまでにも根気が必要な場合もあります。

 

風邪や鼻水を垂らしてぐずぐずしている場合以外でも、耳の反応がおかしいかな?と思ったら耳鼻咽喉科でしっかりと診察を受けて早期発見、早期治療をしていきましょう。

スポンサーリンク