肺癌 胸水 ステージ

肺がんのステージで胸水が溜まるのは?

肺がんは男性の死因で最も多い病気であり、進行が早い癌としても知られています。
また、進行が速いうえに、早期発見が難しいというとても厄介な病気なんですね。

 

そのため、肺がんになってしまった場合に癌がどの程度進行しているかが大事になってきます。
治療において肺がんの進行度合いを表すのがステージと呼ばれるものになります。

スポンサーリンク

まず肺がんのステージについて見ていきましょう。

 

肺がんの進行度をステージT、ステージU、ステージV、ステージWの4段階で分類されます。
病気分類という言葉でスT期〜W期と表される場合もあります。

 

このステージ分類では肺がんの癌細胞の大きさや、転移の状況の有無があり、「TNM分類」というもので表されています。
TNM分類については

 

T:原発腫瘍の大きさと浸潤

原発腫瘍の大きさとはがんの大きさの事で、がんが発生した臓器にどのくらいの大きさで出来ているかの状態をTX,、T1〜T4の5段階に分けて表していきます。

 

TX:原発腫瘍が見られない
T1:原発腫瘍の直径3p以下
T2:原発腫瘍が直径3cm以上。
   または、がんが気管支に浸潤しており、腫瘍の中枢が気管分岐部分より2cm以上離れている。
   または、がんが肺門部に及び、無気肺または閉塞性肺炎がある。
   または、臓側胸膜に浸潤がある。
T3:「胸壁、横隔膜、縦隔胸膜、壁側心膜」いずれかに浸潤している。
   または、原発腫瘍が気管分岐部から2cm未満に拡がるが、気管分岐部へは浸潤がない。
   または、片側肺全体に、無気肺あるいは閉塞性肺炎がみられる
T4: 原発腫瘍の大きさは問わず「縦隔、心臓、大血管、気管、食道、椎体、気管分岐部」に浸潤がみられる。
   または、原発巣のある同じ肺葉内で、近接した転移がある。
   または、悪性胸水、心嚢水がみられる

スポンサーリンク
N:リンパ節転移

リンパ節転移は所属リンパ節が判定できない場合をNX。
リンパ節の転移がない場合をNO。
リンパ節の転移がある場合にはどこまで転移をしているかをN1〜N3の5段階に分けて表していきます。
NX:所属リンパ節が判定できない
NO:所属リンパ節転移なし
N1:がんが原発巣と同側の肺門部、リンパ節にとどまっている
N2:がんが原発巣と同側の縦隔リンパ節に転移している。
   または、気管分岐部直下のリンパ節に転移している。
N3:原発巣とは反対側の縦隔、反対側の肺門、反対側の肺門のリンパ節に転移がある。
   または、そのどちら側にも鎖骨上窩リンパ節に転移がみられる

 

M:遠隔転移

遠隔転移は遠隔転移を評価できないものをMX、転移がない場合をM0、ある場合をM1に分けて表していきます。
MX:遠隔転移を評価できない
M0:遠隔転移がない状態。
   がんのある肺と反対側の肺内の結節、胸膜の結節、悪性胸水(がんのある肺と同じ側、反対側)、悪性心嚢水がみられる
M1:転移がある状態。

 

の3つの因子について評価をして総合的に組み合わせて病期を決定し、肺がんのステージは以下のように分類することが出来ます。
肺がん 肺に水がたまる ステージ
肺がんの進行は0→IA→IIA→IIIA→IB→IIB→IIIB→IVの順に表すことが出来ます。

 

そして肺がんで胸に水が溜まるというのは初期段階の状態ではなく、リンパ節への転移や血液の転移があると考えられます。
そのため、肺がんのステージはステージV〜Wになります。

スポンサーリンク