指に水が溜まる 病気 第1関節 第2関節

指に水がたまる病気ってなに?第1関節や第2関節の痛みがつらい!

普段から何気もなく使っている指ですが、急に痛みだすと困りますよね!
指が痛むと、仕事や家事となかなか効率よく作業を進めることが出来ません。

 

指を見てみると、変に曲がってしまったり、関節が腫れて水がたまったり、こぶのようになっていたりします。

スポンサーリンク

変形をみて「私、リウマチにでもなってしまったのかしら?」と心配になって病院へ駆けつける方もおられます。
一体この指に起こった症状は何が原因なのでしょうか?

 

第1関節に起こる腫れたり水がたまったり変形したりする病気に「へバーデン結節」という病気があります。

 

第2関節の場合では「ブシャール結節」と呼ばれる病気で第1関節と第2関節では病名が違うんですね。

 

どちらの疾患も女性になりやすく、40歳以上の中高年の方に多く発症します。
原因についてですが、正確なことは解っっておりません。

 

しかし、手や指先を多くつかっている人に多く見られます。
そして、女性ホルモンにも関係しているのではないかといわれています。

 

女性において、40代前後になってくると月経に乱れが生じ、閉経していきます。
この際に、女性ホルモンのエストロゲンと呼ばれるホルモンの分泌が減少していきます。

 

このエストロゲンが減少してくると女性の身体には骨の状態がもろくなる骨粗鬆症になりやすくなったり、関節を構成している腱や関節部分に炎症が生じやすくなります。

 

指に変形が起きてしまうと、変形が治まるまでは痛みが治まりにくく、変形も元の状態には戻りません。
しかし、変形による炎症が治まれば指の痛みは次第と治まります。

 

指の第1関節で起こるへバーデン結節は、人差し指から小指にかけて起こることが多く、まれに親指でも起こることがあります。

スポンサーリンク

そして、赤く腫れて場合によっては関節部に水がたまります。そして指が曲がったり、変形が起きたりして痛みも出ることがあります。

 

この状態になると指を使うのにつまんだりするのにつらくなります。
指の第2関節で起こるブシャール結節では、人差し指から小指にかけて起こります。

 

親指は第2関節がない為、起こりません。

 

この病気もへバーデン結節同様に関節が腫れたり、痛みが強く出たり、変形したりする症状がみられますが、ブシャール結節は第2関節に発症しているため、つまんだりすることもそうですが、物を持ったりするにも指が曲がらないなどの症状が出るため、へバーデン結節よりも日常生活に不憫さを感じます。

 

また、第2関節はブシャール結節以外にも関節リウマチの疑いもあります。
第1関節では関節リウマチは発症しないとされていますが、第2関節では関節リウマチは発症します。

 

朝起きた時にこわばりや動かしずらい、左右対称の関節が腫れているなどの症状がある場合、一度病院で検査をしてもらいましょう。

 

いろいろ悩むよりまずは検査をしてもらい、関節リウマチなのかどうか診断していくことで早期発見、早期治療にもつながります。

 

第一関節に発症するへバーデン結節と第2関節に起こるブシャール結節。
痛みがある時は、テーピングなどを行うことにより、痛みが緩和しますが、できるだけ手先を使わないようにし安静に心掛けることが一番です。

 

また、痛みが落ち着いている時に、軽くマッサージをすることで、血行を良くすることもいいですね。
そして身体を冷やさないように心がけましょう。

スポンサーリンク