目に水が溜まる 病気 原因 症状

目に水がたまる病気って何?原因や症状は?

私たちが日々生活するうえで目が見えるということは非常に大切なことです。

 

目が見えるという仕組みは目の瞳孔と呼ばれるところから光が入り、眼球の内側にある網膜と呼ばれる部分に当たります。

 

網膜はカメラのフィルムのような役目を担っており、入ってきた光を感じ取ってそれを視神経に伝え私たちの視界が保たれています。

スポンサーリンク

しかし、ときに目に水がたまる病気があります。
それは「中心性漿液性脈絡網膜症」という病名の病気です。

 

目の奥にある網膜と呼ばれる場所には黄斑という部分があり、主に視力に関与しているとされています。

 

中心性漿液性脈絡網膜症は、この黄斑部分に水がたまり、網膜剥離が部分的に起こってしまい視力が低下する病気です。

 

特にこの中心性漿液性脈絡網膜症は20〜50歳の働き盛りの男性に起こりやすいと言われており、中でも30〜40歳代に見られます。

 

20歳以前や50歳以降の方にはあまり発病することがありません。
そして、男女比も女性に比べ男性の方が3倍と発症頻度が高いといわれています。

 

原因は過労や睡眠不足といった状態でストレスが溜まった時に発症しやすい傾向があるとされていますが、正確には解っていません。

スポンサーリンク

しかし、実際に中心性漿液性脈絡網膜症にかかった人は、特に働き盛りの男性で、休みがなかったり、大事な仕事があり、夜遅くまで仕事をしていて無理をしていたりする人が多かったようです。

 

現在、このように忙しくされている方は要注意ですね。
通常、中心性漿液性脈絡網膜症は片目に発症し、同時に両目に発症することはありません。

 

しかし、時間が経ってから反対の目にも発症するといったことはあります。

 

中心性漿液性脈絡網膜症の具体的な症状は、
水がたまることにより網膜剥離が起こり、視力低下が見られます。視力低下は中心性漿液性脈絡網膜症では悪くとも0.5程度まで低下します。

 

そして、黄斑の網膜細胞の働きが低下することにより、視野の真ん中部分が回りに比べて暗い感じに見えることがあります。このことを中心暗点といいます。

 

また、黄斑部分が水がたまっているため視野が歪んで見えるといった変視症や物が小さく見える小視症、実際の色とは違うように見える色覚異常が見られます。

 

水がたまることにより、網膜の状態が少し前に膨らむため、軽い遠視にもなります。

 

日常生活で私たちが必ずといっていいほど使う目!
大事にしたいものですね。

 

モノの見方がゆがんだり、見えにくくなったりした場合など、ちょっとでもおかしいな?と感じたら眼科へ受診し調べてもらいましょうね!

スポンサーリンク