腹水がたまる 病気 病名

腹水がたまる病気ってどんなものがあるの?病名は?

腹水とは、お腹の中に蛋白質を含む体液が溜まった状態をいい、腹水が大量に溜まるとお腹がとても大きく膨らみ、息切れや食欲不振を生じることがあります。

 

腹水は、通常大量にたまることはありません。

 

お腹の中の内臓を腹膜と呼ばれ膜で覆っており、腹膜で囲まれた空間を腹膜腔と呼びます。

スポンサーリンク

この腹膜腔には細胞から分泌された液体が20〜50t程度入っており、腹膜の表面を濡らすことで、滑りやすくし、内臓同士がすれて摩擦を生じさせないようしています。

 

しかし、病気などの原因により、腹水は肝臓や腹膜、腸間膜などから生じます。

 

そして、腹水は急に発症した病気のように短期間でたまるものというよりも、慢性疾患のような長期的な病気の人に良く見られます。

 

特に腹水が溜まる病気には、一般には肝硬変で見ることが多く、アルコール依存症などのアルコールによる肝硬変がよくみられます。

 

この他、肝臓が悪くなって腹水がみられる病気としては、

  • アルコール性肝炎
  •  

  • 慢性肝炎
  •  

  • 肝静脈閉塞
スポンサーリンク

肝臓以外の病気で腹水がみられる病気では、

  • がんなどの悪性腫瘍
  • 胃がん、肝がん、胆道がん、すい臓がん、大腸がん、子宮がん、卵巣がんなど

  • 心不全
  •  

  • 腎不全
  •  

  • 膵炎
  •  

  • 結核性腹膜炎

等があります。

 

このような病気により炎症が起こって血管からタンパク質を含む体液が滲出し腹腔内に腹水が溜まるのです。

 

腹水が溜まるとお腹が膨らんできたり、腹部膨満感、体重の増加、食欲不振や吐き気、状態によっては呼吸困難などを引き起こしていきます。

 

腹水に対しては治療法がありますが、病気によって対処の仕方が変わってきます。
腹水が溜まって着ているのではないかと思われる症状が感じられたら、早めに医師に相談しましょう。

 

自分から症状を訴えていかないと医師も気付かないこともありますから、診察してもらう時にきちんと自覚している症状を医師に伝えましょう。

 

このようなことから検査をしたら病気を発見することが出来たということも少なくありません。
早期発見にもつながるから大切なことですね!

スポンサーリンク