腹水がたまる 状態 症状

腹水がたまる状態って何?症状は?

お腹に腹水がたまるというのは、何らかの病気によって内臓を包み込む腹腔に水がたまった状態をいいます。
水といってもただの水というものではありません。

 

お腹の内臓には、胃、十二指腸、小腸、大腸から肝臓、膵臓などといった臓器が存在します。

スポンサーリンク

その臓器は腹膜と呼ばれる薄い半透膜で覆われ腹膜で囲まれた空間を腹膜腔といいます。

 

そして腹膜の細胞から分泌された液体が20〜50t程度入っており、腹膜の表面を濡らすことで、内臓同士がすれて摩擦を生じさせないようにすべりやすくなっています。

 

しかし、病気などが原因で、腹腔内に組織内のリンパ液が過剰に産出されたり、血液がうっ血したことにより血液から出た漏出液だったり腹膜の炎症によりよってでた滲出液だったりと腹水といってもいくつかの種類があります。

 

そして、その病気も急性疾患よりも慢性疾患の場合の方が溜まりやすい傾向にあるようです。
よく腹水が溜まると言われている病気の一つに肝硬変があります。

 

肝硬変はウイルス性肝炎に罹患した場合に生じる肝硬変が最も多いといわれています。

 

それ以外にはアルコール依存症などのアルコールが原因の肝硬変、薬剤における肝硬変など肝硬変といっても様々な原因から引き起こります。

スポンサーリンク

そして、肝硬変になってしまった場合、多くの方が門脈圧亢進症と呼ばれる疾患を合併します。
門脈圧亢進症とは胃や小腸といった腸から肝臓に血液を運ぶ血管(門脈)の血圧が異常に高くなる症状をさします。

 

肝硬変によって肝臓が広い範囲で瘢痕化し、肝臓内の血流抵抗が増大することでおこり、進行すると肝臓を迂回して体循環に直接つながる静脈や、胃や食道といった静脈をバイパスしていきます。

 

通常の血流量以上に血液が流れ込むため、体表面を通る体循環の静脈が怒張し、特にへその周りにある臍傍静脈がへそから放射状に膨れてメデューサの頭とも呼ばれる状態になったり、食道では食道静脈瘤、胃では胃静脈瘤を形成します。

 

この静脈瘤は拡張した血管なので、血管壁がもろくなり出血しやすい状態にあります。
場合によっては破裂することもあり、命の危険もあるため注意が必要です。

 

また、門脈圧亢進によって、蛋白質うぃ含む体液が肝臓や腸の表面から腹腔に漏れ出ることがあります。
この状態が腹水が溜まる状態になります。

 

腹水が溜まる状態の症状は、腹水が大量に溜まってくると、お腹がとても膨れ上がり、大きく張り出した状態になります。
しかし、大きく膨れ、張り出した状態でも痛みはありません。
また、肝硬変についていうと、腹水がみられる肝硬変では末期状態になっていることが多く、皮膚が黄色くなったように見える黄疸や、食道静脈瘤が破裂し吐血したり下血したりする症状が起こります。

スポンサーリンク