肺がん 肺に水がたまる 余命

肺がんで肺に水がたまる状態の余命は?

国民病といわれる三大疾病には「がん・心疾患・脳疾患」があります。
これらは普段の日常生活が原因で病気を引き起こすと考えられています。

 

日頃、忙しく日常を送る中で偏った偏食や運動不足、仕事や家庭でのストレス、喫煙といった毎日の生活の積み重ねによって引き起こされます。

スポンサーリンク

短期間であればさほど問題もないのでしょうが、自覚症状もなく長い年月をかけていくことで身体を蝕んでいき、次第に症状が表れてきます。

 

三大疾病の死亡順位の1位となっている「がん・悪性新生物」はやはりその代表例といえるのではないでしょうか?
やはり「がん」と聞くと恐ろしい病気としても知られており、一度かかってしまうとどうしても予後の悪いことを考えてしまうイメージや再発の恐れを抱いてしまいます。

 

そんな中でも特に男性の死因で一番多いのが肺がんです。
肺がんの原因と言われているのがやはり喫煙!

 

やはり日常の仕事などのストレスなどから喫煙される方が多いことが結果として表れているのではないでしょうか?

 

タバコにはニコチンやタールといった成分が発がん性物質ともいわれており、タバコの煙には約400種類もの有害物質がふくまれているといわれています。

 

肺がんの初期症状としては咳や痰が出ることから始まり、発熱が出てきます。
このような場合、風邪と同じような症状の為、本人も気づきにくく、見落としやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

特に長引く咳が出る様ならば注意が必要で1ヶ月以上続く場合には風邪以外の場合の病気も考えられることから一度病院で検査をすることをおススメします。

 

肺がんは比較的進行が速い病気の為、早期発見にもつながることから検査は重要ですね。

 

肺がんは早期発見が難しいといわれているのも初期段階の場合、自覚症状があまりない為、呼吸困難や胸痛といった自覚症状が出てきた場合に病院で検査をした結果、末期症状になっていることが多いのです。

 

肺がんには進行度合いによってステージがあります。
肺がんの初期段階の軽いものから重い症状といった分類ですね。

 

初期段階での早期発見であれば治療もそこまで大変にはなりません。
軽い状態であれば、薬物療法などで症状を改善させ治していくことが可能です。

 

しかし、肺がんの症状が進行してしまい、肺に水が溜まるなどといった症状が出ている場合、末期症状になり骨や脳に転移も考えられ、激痛も伴うことからモルヒネなどの痛み止めを使うことになります。

 

モルヒネは劇薬とも知られていますが、末期の状態の場合、痛みをモルヒネ出ないと抑えられないのです。

 

また、胸水が溜まると肺が圧迫されることから呼吸困難にもなり、会話もできなくなることがあります。
このような場合、余命もあまりない状態となり、場合によっては1週間、あと数日といった場合もありますから注意が必要です。

スポンサーリンク